アレグラの使用を待ったしている手

花粉症治療薬として有名なアレグラですが、アレグラを服用する際の注意事項はきちんと理解していますか?大人の服用と子供の服用では注意事項は色々と変わってきます。飲み合わせももちろんそうです!

ケーキやヤクルトなど乳製品のアレルギーにアレグラ

子どもにも大人にも人気が高い美味しいケーキやヤクルトは、乳製品が材料となっているので乳製品にアレルギーがある方が口にすると体に湿疹が発生することがあります。乳製品のアレルギーで起こった湿疹は、早くに治すためにはアレルギーの症状に効く薬を飲むようにしましょう。そのままにしていては中々改善されないので、薬で対処することが最も効果的です。
乳製品のアレルギーをはじめとして食物が原因で起こるアレルギーは、市販されている薬では対処が難しい症状です。服用する薬として選ぶべきは、医療機関で処方される医療用の薬品を使うようにします。医療用の薬品は薬の効能も高く、安全性が確認されているので安心して飲むことができます。アレルギー症状を抑えるのに効果のある薬は、医療用としてアレグラが一般的です。体にアレルギーを起こす原因となっているのはヒスタミンという物質であり、アレグラはこのヒスタミンを抑制する作用のある抗ヒスタミン剤です。服用すると体内のヒスタミンの量が抑えられ、アレルギーの症状を改善することができます。食物アレルギーによる湿疹にもよく効くので、医療機関を受診して医師にアレグラを処方してもらいましょう。
抗ヒスタミン剤のデメリットとしては、飲むと眠くなる副作用が出る点がありますが、アレグラはその副作用が起こらないように開発されています。仕事前や運転前に服用しても、眠気が出ないので日中の生活に影響がありません。ただ、アレグラ独自の副作用としては、胃がむかむかするなどの症状があります。何回か服用して胃の症状が落ち着かないようなら、1錠を半分に割って飲むなど対処するようにしましょう。効果が長く続く薬ですので、半分にしてもその効果は5~6時間は続きます。