アレグラの使用を待ったしている手

花粉症治療薬として有名なアレグラですが、アレグラを服用する際の注意事項はきちんと理解していますか?大人の服用と子供の服用では注意事項は色々と変わってきます。飲み合わせももちろんそうです!

マグロアレルギーはアレグラやストナリニで軽減

アレグラやストナリニは抗ヒスタミン薬に分類され、花粉症やアレルギー性鼻炎、皮膚のかゆみを抑える効能のある薬です。
アレグラはフェキソフェナジン、ストナリニSはクロルフェニラミンマレイン酸塩とフェニレフリン塩酸塩、ストナリニZではセチリジン塩酸塩が有効成分となっています。
これらの薬はどれも花粉症の人によく用いられますが、この中ではアレグラが一番眠気の副作用が少ないとされ、人気となっています。
また、これらの有効成分は皮膚科などの病院でアレルギーの患者さんに処方される薬にも使われています。
ところで、食物アレルギーを持っている人の中には、魚を食べて起きる人もおり、マグロなどを食べた時に蕁麻疹や湿疹、顔や目が赤くなる、まぶたが腫れる、咳などのアレルギー症状が出ることがあります。
魚アレルギーのある人は、多くの魚が持っている筋肉に含まれている物質や、コラーゲンに反応してアレルギーを起こすため、マグロが駄目な人はサケやイワシ、サバも駄目といった風に、魚全般に対してアレルギー症状の危険がある場合が多いとされています。
食物アレルギーの症状を起こさないためには、自分がアレルギーを持っている食物を把握してその食物を避けることが基本となりますが、万が一マグロアレルギーの人がマグロを食べて皮膚にかゆみや湿疹、まぶたの腫れなどを起こした時にアレグラやストナリニを飲んで症状を抑えられるかと言うと、効果の出方には個人差がありますので、症状が軽減する人とあまり変わらない人に分かれます。
しかし、マグロアレルギーの人がアレルギー科で医師に相談しておき、食べてしまって症状が出た時のためにアレグラなどの抗ヒスタミン薬をもらっておくことは有効な場合がありますから、心配な人は病院で相談してみましょう。
マグロなどの食物アレルギーは重篤な症状(アナフィラキシー)を起こす場合もあるので、その時は速やかに病院へ行くことが大切です。