アレグラの使用を待ったしている手

花粉症治療薬として有名なアレグラですが、アレグラを服用する際の注意事項はきちんと理解していますか?大人の服用と子供の服用では注意事項は色々と変わってきます。飲み合わせももちろんそうです!

化繊の服を着ずバナナで花粉症の出る人はアレグラ

花粉症は現代日本人の多くが悩んでいる症状です。
実際に花粉症で苦しんでいる人を対象に調査をしたところ、花粉症対策として、花粉の付着しにくい服を選んでいるとの項目にイエスと答えた人は2割に足りませんでした。
ほとんどの患者が、服には無頓着なのです。
線にいは、花粉がつきやすいものと、くっつきにくいものとがあるのです。
花粉の季節は、服の素材に留意することが必要です。
最も花粉がつきやすい繊維は、ウールです。
というのは、ウールは人間の髪の毛のように、表面がうろこ状態になっていますので、花粉が引っかかりやすいのは当然のことと言えましょう。
また、化繊も非常に静電気を帯びやすく、花粉をおびき寄せてしまう性質を持っています。
繊維だけに着目するのではなく、生地の織り目にも気をつけなければなりません。
花粉は大変に微細な粒ですので、目が粗い生地で作られてる服には付着しやすいのです。
反対に、たとえばレインコートのようなデコボコのない生地には、付きにくいものです。
もし付いたとしても、はらうことですぐに落とせるのです。
このように、花粉症対策としては衣服を見直すことも大切です。
花粉症の自覚症状抑制にバナナが有効であると言われていますが、それはそれとして、身につける服の再確認も忘れてはなりません。
ただ、一朝一夕に花粉症の症状を抑えるというのは、実際にはかなり困難です。
それなら、アレグラを服用することで、症状の緩和を図るほうが成果は得やすいです。
アレグラは、かつての抗ヒスタミン剤と違って激しい眠気が出てくることはありません。
服用しても仕事は、問題なくできます。
それでいて、くしゃみや鼻水、目のかゆみといったさまざまな症状をかなり抑えてくれますので、花粉症に悩んでいる人には大きな救いとなっています。