アレグラの使用を待ったしている手

花粉症治療薬として有名なアレグラですが、アレグラを服用する際の注意事項はきちんと理解していますか?大人の服用と子供の服用では注意事項は色々と変わってきます。飲み合わせももちろんそうです!

服用前に知っておきたいアレグラの副作用

アレグラは、成分名がフェキソフェナジンという、抗アレルギー薬です。
この薬剤に限ったことではありませんが、薬剤を服用する前には、その薬剤を服用することで、どういった症状が発現する可能性があるのかを知っておくことは重要になります。
そこで、アレグラの副作用についてお伝えします。
アレグラの副作用は、大きく頻度と重症度によって分けられます。
まず、頻度が高いものとしては、頭痛、眠気、吐き気などがあります。その中でも、良く知られているものに、眠気の副作用があります。
アレグラは、抗ヒスタミン薬でもありますが、ヒスタミンは、脳の働きを活性化する、神経伝達物質と呼ばれるものでもあり、重要な役割を担っています。この薬剤は、ヒスタミンの放出を抑える働きをするため、鼻汁や痒みなどの症状を軽減させる一方で、脳の働きをブロックさせてしまい、結果として、眠気が生じてしまう、ということになります。
抗アレルギー薬は、一般的に、眠気の副作用が発現しやすいとされていますが、アレグラは、その中でも、第二世代に分類され、他の種類の抗アレルギー薬と比較して、眠気の副作用は発現しにくいものになっています。
次に、重大な副作用についてお伝えします。
まず、ショックやアナフィラキシーなどの症状がありますが、これは、呼吸困難や意識消失のおそれもあり、とても危険なものです。
このような症状が発現した場合は、すぐに服用を中止し、適切な処置を受ける必要があります。
その他には、肝機能障害、無顆粒球症や白血球減少などの血液系に関係するものなどがあります。これらは、血液検査を行うことで、明らかに分かるものであるため、服用開始後は、定期的に検査を行うことも大切です。
様々な副作用がありますが、これらを服用前に把握しておくと、安心して服用することができます。