アレグラの使用を待ったしている手

花粉症治療薬として有名なアレグラですが、アレグラを服用する際の注意事項はきちんと理解していますか?大人の服用と子供の服用では注意事項は色々と変わってきます。飲み合わせももちろんそうです!

花粉症に効くくるみや目薬でもダメならアレグラで対策

目がかゆくなったり鼻水やくしゃみが出る花粉症は、アレルギー症状の一種です。花粉症は一度発症してしまうと、花粉が多くなる季節には繰り返してなってしまいます。完治は難しいものですが、花粉のアレルギーを抑える効果を持つ食べ物や目薬で、症状の状態や進行を予防・緩和することが可能です。

花粉症に効く食べ物は色々とありますが、おすすめはくるみです。くるみは花粉のアレルギーを抑える高い効果がある他に、栄養成分が豊富であり味も美味しくおやつの時間のお菓子代わりに飽きずに食べられます。目薬は薬局で処方される医療用タイプでなくても、市販されているタイプのものでも花粉症専用のもので充分に効果があります。目がかゆい鼻水が出るなどの花粉症の症状が出始めた段階で、早めにくるみと目薬を併用することで症状を和らげることができます。ただし、アレルギー症状を抑えることができるくるみと目薬を使っても良くならない場合には、医療機関を受診して花粉症に効く薬を処方してもらうようにしましょう。

医療機関で処方される薬は、主にアレグラという薬になります。アレグラは花粉症をはじめとして、鼻炎や蕁麻疹や皮膚疾患などのアレルギー症状に効く薬です。人間はヒスタミンという体内物質が原因で、様々なアレルギー症状を起こします。アレグラは抗ヒスタミン剤に属しており、ヒスタミンの働きを妨害しアレルギー症状が起きないように対処してくれるのです。抗ヒスタミン剤はアレグラ以外にも種類がありますが、他のタイプは脳の活動を抑制し眠気を催す副作用があります。その点、アレグラは脳の活動を抑制しないよう開発されているので眠くなる副作用がなく、日中の生活にも支障が出ません。

くるみと目薬でも花粉症が改善されない方は、アレグラをぜひ使ってみましょう。効果がすぐに出て長持ちするメリットがありますので、辛い症状もすぐに緩和可能です。