アレグラの使用を待ったしている手

花粉症治療薬として有名なアレグラですが、アレグラを服用する際の注意事項はきちんと理解していますか?大人の服用と子供の服用では注意事項は色々と変わってきます。飲み合わせももちろんそうです!

花粉症対策にアレグラとみかんやキャベツ

花粉症の症状を和らげる期待が持てるフルーツや野菜がいくつかあり、みかんは外側の果皮に重要な成分が含まれています。

花粉にアレルギー症状が出る人は、反応を起こす抗体であるたんぱく質IgEを持っていて、血中濃度で一定以上の量が増えてしまうと症状があらわれるようになります。白血球のなかのリンパ球がIgEを生み出す機能を持っているので、誰でもある程度の量は作られていますが、大量に持っていると花粉が体内に入ってきたときに、IgEが活動しヒスタミンを多く放出するようになります。ヒスタミンはアレルギーの原因物質ですから、IgEをたくさん持っているほど症状が酷くなります。

みかんの果皮に含まれているノビレチンは、花粉が入ってくることで細胞が刺激を受けてしまうことを軽減させてくれるので、白血球からヒスタミンの放出がされにくくなる特徴があります。そのまま食べるとえぐみがあるので、ジューサーなどで細かくして他の果物などと混ぜて取り入れるようにすると良いです。

花粉症は体質改善を行うことである程度症状を緩和することが期待できますが、そのために食べたいのがキャベツです。食物アレルギーに対しても改善効果が期待できるのはキャベツに含まれるビタミンUであり、キャベジンと呼ばれることもあります。胃や腸の粘膜を丈夫にしてくれる働きを持っていて、消化力がアップしたり胃炎や胃潰瘍に対しても傷ついた胃壁を修復してくれますし、肝臓の機能を助ける働きも持ち合わせています。高い抗酸化力もキャベツにはあって、ビタミンCや免疫力を高めるイソチオシアネートが含まれています。

食べ物から得られる成分がすぐに効くとは限らないため、対策として薬を用いることも必要です。アレグラは主成分がフェキソフェナジン塩酸塩で、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚のかゆみなどの治療に有効性があります。